2005年09月24日

マリア様がみてる(2)

やっと,文化祭か〜
マリア様がみてる
を読んでいて思ったことです.
やっと,17巻まで読破しました.
今既刊しているのを読破するまで,あともう少しです.
それにしても,ここまで引っ張られました.なにに?というと,次の巻こそ,文化祭でやる演劇がメインのお話か!と思っていたら修学旅行の話だったり,体育祭でのお話であったり.
ここまで,ひっぱるか〜という感じでした.
でも,面白かったのでいいんですけどね(*^_^*)

さぁ〜て,休日の間に読破だ〜〜!!

マリア様がみてるのAmazonリンク
posted by まど窓 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

マリア様がみてる

最近はまったんですが,
マリア様がみてる

といっても,小説版を読む機会があり,一気に全巻読破だーー!と2,3日前から読み始めたんですが,見事はまってしまいました.
まだ,12,3巻当たりまでしか読んでいないのですが,高校生の女の子の心の移り変わりですか〜なんというか,読みやすいですね.
マリア様がみてる(マリみて)は,女子高が舞台の百合っぽくない百合話です.その場面,場面での悲劇から心温まる話.ほのぼの感アリ.一気に読んでしまいますね.
一巻目はそれほどでもなかったんですがね〜3巻目当たりから,もうドップリです(*^_^*)

アニメ版も昔見たんですが,その時は良く分からなかったというか,どこが面白いんだろう?と思ったんですよ.その時,かなり人気がありましたから.
でも,今回小説版を読んで,ああ,あの場面ではこんな事が・・・と,心情や動作の微妙な表記があり,アニメ版では意味が分からなかったところが補完されました.
コミックス版もあるんですが,読んでいないのではっきりとは言えませんが(じゃ,言うなとは言わないでくださいね(>_<)),小説版のほうがいいと思います.想像がふくらみやすいと思うので.まぁ,コミックス版も面白いとは思いますけど・・・

こちらにも,マリみての感想があります.いろいろな人の意見があるので参考にしてみてください.
サンディ通信:マリみて再読 ロサ・カニーナ
暇人工房:今野緒雪 『マリア様がみてる〜妹オーディション』 読了。
カメの菊五郎の独り言: 薔薇のミルフィーユ
Cosi Cosi:マリア様がみてる コバルト文庫
まともなマリみて入門: 山百合と樫の木

マリア様がみてるのAmazonリンク
posted by まど窓 at 11:08| Comment(3) | TrackBack(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。